SewaYou
Blog
日本語
icon

英語を話せるようになりたい 独学 の原則

13 October 2020
SewaYou
1円ですら払わない原則
英語
英会話

多くの人は、自分の英語力を上達させるには、一番頭に思い浮かぶのが:「海外に留学に行く」、「英会話レッスンに通う」。 お金と時間があれば、まぁやってもいいと思いますが、ほとんどの人はそういう余裕はないし、あったとしても本当に効果が出るかは疑問に思ってます。 なんで効果が出ないのが、この投稿を通して一緒に考えてみましょう!🤔 英語が上達するには、やるべきじゃないこととやるべきことを紹介したい思います。 まず英語がなかなか上手くなれない理由:

TOEIC スコアをアップするために勉強するのをやめましょう

ぶっちゃけ、日本人ではない僕には理解できない一番の理由です。周りの日本人の友達や知り合いが、本当に必死に TOEIC のために英語を勉強している。 手段としては、図書館にたくさん置いてある TOEIC 対策の本を買って、家やカフェで空いている時間に英語を勉強をする。 では、ここで気づいた問題はなんでしょう?ボトルネックを見つけました?

はい、そうです。この本を開かない限り一切勉強できない。

日本には、外資系などで勤めている人とかが、恐らく高い TOEIC スコアが求められているでしょう。別に TOEIC の高いスコアが価値がないとは言ってないです。言いたいのは、TOEIC が高いスコアを取っても、簡単な日常の英語が話せないなら、スコアが高くてもムダです。

前職での外資系では、東大卒業の同僚がいて、TOEIC がほぼ満点取ったのに、外国人の上司と会議するときに、英語で簡単なアウトプットすら全然出せなかった。

TOEIC は、試験です。試験といえば、決まっている形式であり、何かの対策法が知ってたら高いスコアは取得できます。ただ、あなたがそもそも英語力をアップしたいきっかけはなんでしたか? 認定書に記載しているスコアで自分の英語力を証明したいわけですか?それで達成感を感じるのかな?

SewaYou

それよりも、海外に行って地元の人たちと英語で会話をしたり、アメリカの映画を字幕なくても普通に聞き取れる方が遥に自慢できると思います。

よくありますね、有名な YouTuber とかが、年に 5-6 回 TOEIC を取ってだんだんスコアがアップした方法を紹介する動画。

自分の英語力を測れる方法は、TOEIC スコアとかじゃなく、自分がどれぐらい英語が話せる・読める・書ける・聞き取れるたったそれだけです。 スコアなんかのもんは、数字表せるから、それを増やすことに集中してしまう。最終的に、英語ネイティブの相手とかと会話するときに、あなたの TOEIC スコアなんかにちょっとでも興味ないですよ。

有料英会話レッスンには、一切行かないようにする

一言で言うと、英会話レッスンはお金もったいない。

平均 1 時間で 3000 円。マジで?ちょっと計算してみましょう。中学校から、大学まで英語を勉強したとして、10 年間も勉強して、もしざっとで週に一回で、年に 50 時間を勉強したとしたら、合計 500 時間も勉強しましたね? じゃあ、英会話でその 10 分の 1 にしても、50*3000 = 150,000 円です。500 時間でできないことは、50 時間どれだけできるとも思いますか?そんなに変わらないです。 「学校で英語の教育と英会話レッスンって全然違うぞ」って思われるかもしれないですね。正直、英語の勉強って、先生よりも自分が重要です。

しかも、英会話教室であんまりよくないこととしては:

  • 先生がいい加減して、自分のレベルに合わせる
  • レベル別で、教科書ベースで勉強する
  • 教室だから、バックグラウンドの騒音などが一切ない、きちんとある程度聞き取れやすい

上記のポイントは、リアルシチュエーション実現をせず、現実から遥に遠い。

SewaYou

だから、たくさん英会話レッスンに通ってても、実際の英会話をすると、全然話せないです。リアルシチュエーションでは、騒音がうるさい場合もあるし、相手は自然のスピードでしか話してない、みんなそれぞれのアクセントもあるし、相手の喋っている音量や、スラング・方言、こういった要素がたくさんあって、理解しにくい実際の場面です。これらの要素は、英会話の教室で実現できると思います?

スピーキング・リスニング・読み書き、たくさんのスキルがありますが、ある程度全部平等に身に付けないといけないです。

日本人の特徴なのか知らないですけど、何か学ぶときに、きちんとした構成や導いてもらうがちです。「完璧・ある程度ペラペラにならない限り、しゃべらない」という考えはやめましょう。外国言語の勉強って、本当にカオス・chaosです。順番とかがある程度 定義 されているんですが、本当にその言語や英語を身に付けたかったら、最初から英語での 環境 に入り込む必要があります。

できるだけ、日本語を捨てて、英語化した環境に囲ませるようにする

僕もね、英語を喋っている国に留学行ったことないし、英会話レッスンなんかには、一回も行ったことない。ただ、毎日自分の環境をできるだけ英語化や日本語化にする(一応、母国語はカンボジア語とフランス語です 😬)だけで、知らないうちに、色々と吸収できて、いつの間にか身に付けるようになって、普通に書き読み・聞き取り・喋れるようになりました。

皆さんと同じで、英語は学校でしか勉強してなかったです。ただ、自分ではフランス語を使わないよう積極的にしてます。最初のきっかけは、ある日本のドラマを見てフランス語の字幕がないエピソードがあって、英語の字幕しかなかったから、しょうがなくて英語の字幕を使ってました。それは、高校の2年目からかな。

その時以来、もうフランス語を捨てて、日々の生活では英語を使ってます:メモをとるとき、ググル検索するとき、本も学校のもの以外は英語の本しか読んでないです。もちろん、最初は苦労してたんですが、だんだん慣れてきて、もう 意識する必要がなく、習慣になりました。 これだけではなくて、SewaYou のブログ(英語版日本語版両方書いてます)や個人のブログなども、間違っても構わないから、英語・日本語で書いてます。この記事だって、僕にとって第5言語である日本語を使って、こういうふうに間違えたりしても一所懸命書こうとしてます (実は、ドイツ語も 7 年間勉強しましたが、あんまり興味なかったんで、やめました笑)。

SewaYou

フランス語を捨てたって言うってたんですが、別に否定するわけじゃなくて、フランス人の友達とは普通にフランス語で喋ってます。ただ、自分にとってはフランス語を使う メリット はだんだんなくなるって感じるからです。キーボードを打つときも、フランス語がたくさんアクセントが多いから打つの遅いとか、プラグラミングをやっている僕にとっては、ネット上には英語でのリソース(チュートリアルとか、ドキュメンテーションとか、StackOverflow/GitHub とかね)の方が圧倒的多いから、色々調べやすい。あとですね、英語版しかない本とか、映画もそうです。

英語を活かす機会を増やしましょう

上記は、受身的に色々と英語を吸収した上で、書きのアウトプットやっているんですが、スピーキングはどうすればいいと疑問に思っていますね。 意外とね、一人でも英語のスピーキングが上達する方法がたくさんありますよ。それは、英語の教科書を開かなくても(学校以外英語の教科書を使う覚えがないです 🤔)

まず、一番意識して欲しいのは、英語のリスニングがスピーキングに大きく左右されます。はい、そうです。「聞くだけで話せるようになるってありえないだろう」って思われるんですが、それは本当です。第一、英語発音が上手くなるのが、まずきちんと聞いてから、マネする。それを繰り返しして、いつもの間にか発音が自然に近くになります。もちろん、英語を聞いてるときに、できるだけ シャドーイング・shadowingしましょう。一番簡単なのが、洋楽などを聞いて口ずさんだんり、洋画の格好いいセリフとかを何回もリピートして、だんだん舌がアウトプットに慣れちゃいます。

もう一つは、メモをとるときに、書くよりも携帯のボイスレコーダの機能を使って英語で自分の声を録音する。そうするとだんだん時間が経ったら、振り返ってみたら自分の英会話力はどれぐらい成長したのかも確認できます。

あとは、英語を実際のネイティブとアウトプットができる機会を積極的に探そう。都会に住んでいる人は、恐らくそういう機会がたくさんあるでしょう。例えば、外国人が多いバーとかに行ったり、無料で参加できるMeetupイベントなどに参加する。別に言語交換やランゲージエクスチェンジ専用のイベントじゃなくても、英語でのイベントであれば(例:仕事に関係するマーケティングイベントとか、プログラミングの勉強会とか、スタートアップイベントとか、フィットネスイベントとか、なんでも良いっす!)、積極的に参加してみましょう!

SewaYou

こういうイベントに参加すると、最初は英語話せなくてもだんだん英語のみのグループディスカッションに入り込むスキルを身に付けます。日本語が喋らない相手と接する機会もどんどん増えたり、だんだん慣れてきます。慣れてたら、アウトプットもしやすくなります。

この記事で一番伝えたいのが、ガチで独学で英語を話せるようになりたいなら、自分を強制的にお金を出さないようにすれば、より結果が出る。

英会話レッスンなどで、他人に導かれる道に従うよりも、自分の道・やり方を自分で探って行動をとる方が圧倒的に成長する。

皆さんの財布も絶対感謝すると思います。💴

SewaYou

実際にネイティブとリアルでマンツーマン英会話練習をする

スピーキングだけではなく、他のスキルの成果に一番影響するのは、やっぱりマンツーマンの英会話だと思いますね。 なので、SewaYouの言語交換アプリを使って、近くに住んでいる外国の方と接して、無料英会話の練習するのをおすすめです。 外国の方にとっても、日本語をアウトプットする機会があるので、お互い win-win なので、気軽に言語パートナーを見つけやすい!

SewaYou

さらに、ロケーションベースで、わざわざ遠いところまで行かなくても、自分の周辺にいる人とカフェでリアルシチュエーションを作って、英会話練習をしましょう! もちろん、オンラインチャットや通話などの機能も入っているので、ぜひ使ってみてくださいね!😃

あと、興味あったら、英語 上達 させる 8 つのコツ (会話・リスニング・読み)の記事も読んでくださいね!

More Articles
kotoha.io